• 転職する為の求人媒体の選び方

    • 転職をする際にコネや紹介を除けばほとんどの方が求人媒体を利用することになります。
      求人媒体はたくさんありますが、求職者はほとんど無料で利用することが出来ます。

      逆に求人広告を出すときに公のサービスでは会社側は無料で求人を出すことが出来ます。
      しかし、民間の求人広告を利用すると有料です。


      ここで、公と民間の違いをご説明いたします。


      一番大きな違いは求人を出す会社の本気度に違いがあります。
      お金を支払っても優良な人材を確保したいという思いと、民間へお金を支払って書類選考を行うことで公に依頼するよりも優良な人材を確保できる可能性が高まります。

      口コミで評判の求人媒体のことならこちらをご活用ください。

      では、転職を行う側としてはどちらの求人媒体を利用するのがベストなのかという問題が出てきます。



      求められるスキルにもよりますが、基本的にいえることは民間の求人のほうが賃金の条件等が優れています。

      又、民間ではチェック体制が厳しい為、給与等の条件が面接で覆ることはまずありません。

      公の求人では条件が異なるケースが多くチェック体制が甘い為つり広告がはびこっている現状があります。求人情報の更新が遅いのも民間との大きな違いといえます。

      結論として、転職を考えている方が利用する場合は民間であれ公であれ基本、無料で利用できますのでより自分を高く売り込む為には民間の求人媒体を利用し、スキルが自信のない方は公も併用して求職活動を行うことで自身の身の丈にあった求人にめぐり合える可能性が高くなります。


      又、転職は回数が増えるたびに次の転職は難しくなるのが一般的です。



      多少転職に時間を要しても条件を妥協せずにこれが最後の転職だと思えるようなめぐり合いを信じて軽く転職を決めてしまわないことが重要です。

  • 求人媒体のわかりやすい情報

    • 時代に合った求人媒体の活用法

      今までは駅の売店などで販売されている求人情報誌を購入するのが一般的でしたが、最近ではネット上の求人媒体を活用して仕事探しをするケースが多いです。とりわけ気軽に問い合わせができるのが、ネット上の求人媒体の魅力であり、応募した翌日から働き始めることも可能です。...

  • 求人媒体の大人の常識

    • 効果的な求人媒体の種類

      求人媒体には様々なものがあります。広い意味では、病院にいつも掲示されている看護師募集中、という看板の文字も求人媒体なのですが、探しやすい反面、いつも募集しているのはすぐに人が辞めてしまうのかという誤解を生じさせかねません。...

  • 求人媒体のテクニック・求人媒体をもっと知る

    • 複数の求人媒体を使って転職

      昔と違って、今の社会では終身雇用制度は崩れていると言ってたも過言では無いです。たくさんの人が夢や希望を持って入った会社を辞めて転職するのが当たり前になっています。...

    • 気軽に応募ができるインターネットを利用した求人媒体

      転職を考えている人が利用する求人媒体のひとつにインターネットの転職サイトがあります。全国的に有名なサイトがある一方で、技術者系の求人案件が多く掲載されているサイト、管理職向けの求人案件が多く掲載されているサイトであったり、地元企業の求人案件が多く掲載されているサイトといった強みを活かした専門サイトもあります。...